ファスティング(断食)中の頭痛はカフェイン不足が原因?!

今回はファスティング(断食)とカフェイン不足の関係について調査してみます。普段からカフェインを多く摂取している人は要チェックです。

結論:ファスティング(断食)中の頭痛はカフェイン不足でおこる!

さて、さくっと結論から。

普段からカフェイン・グルテン(小麦粉)・カゼイン(乳製品)を口にする事が多い方は、これらを抜いた事による離脱症状として頭痛がおきます。
https://fasting-navi.com/%E6%96%AD%E9%A3%9F%E4%B8%AD%E3%81%AE%E9%A0%AD%E7%97%9B/#i 

普段からカフェインを多く摂取している場合、ファスティング(断食)などにより一気に摂取をやめてしまうと頭痛がおこります。

そもそもカフェインは頭痛を抑える働きがある

カフェインが持つ「血管を収縮させる働き」で、脳の血管膨張が原因で引き起こされる頭痛を緩和することができるのです。
この作用を利用して、市販の頭痛薬には無水カフェインという成分が配合されているケースも!
http://style.fancl.co.jp/lifestyle/2185/

で、そもそもなんですが、カフェインには頭痛を抑える効果があります。
市販の頭痛薬にも頭痛の症状を和らげるために使用されているのです。
ですので無意識にカフェインを大量に摂取してカフェインに依存している人は、カフェインを抜くと禁断症状がでてしまうのです・・・

ファスティング(断食)中はカフェイン禁断症状が出る件

普段からカフェインを多く摂取している場合、ファスティング(断食)中に禁断症状が出る場合があります。

 

これこそ、ファスティング(断食)中の頭痛の原因です。

 

カフェインによる頭痛はどのタイミングで発症する?

タイミングについては大体3-4日目ころです。しかし、ファスティング(断食)前にどのくらいカフェインに依存指定他のかにも左右されますので、あくまでも目安程度にお考えください。

カフェインによる頭痛は体質改善の兆し?

ファスティング(断食)中にカフェイン摂取を断ったことでおこる頭痛を悲観的に捕らえてはいけません。

この頭痛は「離脱症状」といって身体がカフェイン依存か脱却しようとしている証拠です。大変ですが数日は耐えましょう。

ファスティング(断食)を挫折しないための方法

とはいえ、ファスティング(断食)中に頭痛がおこってしまうと普段の生活や仕事に悪影響がでます。

そこでお勧めなのが、ファスティング(断食)をはじめる1週間前から徐々にカフェインを抜くことです。少しずつ身体からカフェインを抜けば頭痛などの離脱症状を和らげることができます。